好きなお笑い・好きな音楽なんかをのっけた趣味丸だしブログ(blog)です。 No meaning but fine words. As you like!
このブログをリンクに追加する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小室哲哉巨額詐欺事件 初公判 - MSN産経ニュース

を一気に読みました。

今日の公判は、
一連関係者の供述調書の検察官による読み上げがメインでした。

おおむねが事実なのでしょうね。
その中で気になった部分を抜粋。


被害者の供述調書より
「僕もクリエーター。過去の作品に未練はありません』と言いました」

   その時の状況、心情などあったのだと思うけど、
   本心でないことを祈りたい。。。


裁判長
「われわれは著作権法にうといので、お願いします」

   事件の種類によると思いますが、よくあることなのでしょうか?

エイベックスの供述調書
「当社としては小室被告とあえて解約することを考えていません。
極めて豊かな才能をお持ちで、また楽曲を提供していただけると考えています」


   希望が持てます。

小室さんの供述調書
「裸の王様でした」

   以前出演したラジオ番組でも言ってました。
   この時から、そういう思いがあったのかな。


次回は、3月12日午前10時から12時まで予定しているそうです。


それにしても、こういうニュースが報道されるとき、
「時代の寵児」
ってよく使われますね。

実際には、誰もそんなこと言っていないと思うけど。
個人的には、あまり好きな言葉ではないです。
追伸

【小室被告初公判(19)】「これは詐欺に他ならないが…」共犯者が赤裸々に供述(15:20~15:40) (2/2ページ) - MSN産経ニュース


この部分を読む限り、今回の事件の発案者は、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>TWINKLE☆彡NIGHT さん
どうもです。

この点は、大いに解明されるべきですよね。
がんばってほしいです。
2009/01/24(土) 23:36 | URL | およよ #-[ 編集]
私もそこの部分、ひっかかりました。(苦笑)
これがもっとちゃんと大々的に言われることを
次の公判で期待したいです。
やっぱりそんなことを思いつく人じゃないってことがわかって救われました。(/_;)
2009/01/23(金) 22:56 | URL | TWINKLE☆彡NIGHT #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://classix3.blog34.fc2.com/tb.php/288-5b1111f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。